あなたの住まいに最適なプランを見つけましょう


車庫まわり ホームヤードルーフプラン15

車庫まわり ホームヤードルーフプラン15

ホームヤードルーフⅡをカーポート屋根に、柱やスクリーンはマットカラーでスタイリッシュな車庫空間。内天井材はスプリンクオークの明るい木柄で圧迫感を軽減し、カーポート内を広く見せます。桁フレームに色違いのマットカラーーの装飾部材でアクセント。上質感のあるファサード空間を演出します。
詳細はこちら
車庫まわり アートポートプラン5

車庫まわり アートポートプラン5

アートポートの柱間にエバースクリーンみす垣を設置し、プライベート空間の目隠しとしても利用できるデザインとしました。玄関周りはデザインの違う千本格子とみす垣を組み合わせることで、スクリーンによる圧迫感を軽減し、植栽との組み合わせやアートボードのフレームの木目が周りに溶け込み、車がない時も和風の庭として楽しめます。
詳細はこちら
車庫まわり ホームヤードルーフプラン14

車庫まわり ホームヤードルーフプラン14

カーヤードスタイルを使って駐車場と駐輪場も兼ねたスペースとし、仕切りと目隠しにエバースクリーンを設置しました。カーヤードから玄関前の目隠しスクリーンまでの間口に、フレーム装飾部材を延ばすことで一体感のある空間となり、和モダンのアルミと木目の色組み合わせがファサード空間全体を引き締めます。
詳細はこちら
車庫まわり ホームヤードルーフプラン13

車庫まわり ホームヤードルーフプラン13

ホームヤードルーフの内天井とエバーアートボードフェンスの壁の木目を合わせることでこもり感を生み、海外にいるようなデザインスケールのカースペース空間をつくりました。車庫のみに限らず子どもの遊び場、掃き出し窓から出入りできる庭のテラス空間としても利用できます。木目のエバーアートボードにフレーム・見切り材の黒により空間が引き締まり、建物と一体化したおしゃれな車庫周りです。
詳細はこちら
車庫まわり J/EUポーチプラン1

車庫まわり J/EUポーチプラン1

EUポーチに目隠しやアクセントとなるデザインパネル付きのフレームが印象的。狭小地や集合住宅に導入可能な屋根付きの多目的スペースです。隠したいものや建物の雰囲気や好みに合わせてフレームの高さやデザインパネルのカスタマイズが可能で、機能性に優れたオリジナルのファサードを作ります。
詳細はこちら
車庫まわり ホームヤードルーフプラン12

車庫まわり ホームヤードルーフプラン12

植栽やアプローチの素材と合う木目調の配色が温かみのあるナチュラルな車庫まわりを演出します。道路面の柱を移動することで、車両の出入りがスムーズになります。スリットを用いることで、空間を区切り、かつ目隠しとしての役割も果たします。内天井にダウンライトを設置しているので、雨の日も季節を問わずに多目的に活用できる空間となりました。
詳細はこちら
車庫まわり アートポートプラン4

車庫まわり アートポートプラン4

アートポートミニの柱に門柱機能が付いたエバーアートボードフェンスを繋げて、隣地境界をフェンスで囲み、玄関周りや駐輪場をしっかりと目隠ししました。また、ゴミ置きや作業場と幅広い利用が可能なスペースになります。アートポートと門柱機能をセットにすることで狭小地や集合住宅地でも導入でき、カラーバリエーション豊富なアートボードで、オリジナルのファサード空間をデザインできます。
詳細はこちら
車庫まわり ホームヤードルーフプラン11

車庫まわり ホームヤードルーフプラン11

ホームヤードルーフシステムのテラス設置で、駐車スペースから玄関まで雨に濡れる心配がなく行き来ができ、テラスにパネルやデザイン格子を合わせれば、駐輪スペースや掃き出し窓などの目隠しになります。建物の形や窓の位置に合わせてパネルやデザイン格子の場所を自由に決めることができるため、玄関前は広くして門構えとしての役割を持たせる、パネルを増やして駐輪スペースを広く取るなど住まいに合わせてのカスタマイズが可能 …
詳細はこちら
車庫まわり ホームヤードルーフプラン10

車庫まわり ホームヤードルーフプラン10

狭小スペースでも設置できる屋根、柱に取り付け可能なデザイン門柱で、雨に濡れる心配がなく玄関との行き来ができます。玄関前には好きなデザインを選択できるパネルを正面に、植栽を合わせて自然に目隠しができ、存在感を演出し、住まいを印象付けるファサード空間になります。
詳細はこちら
車庫まわり アートポートプラン3

車庫まわり アートポートプラン3

延長タイプのアートポードと屋根までしっかりと目隠しできるエバーアートフェンスで囲み、駐車スペースとフリースペースを兼ねたカレージのような空間として利用できるプランです。開口が狭くても奥行を広げて屋根を延長、フェンスの仕切り位置も自由に選べるため、利用方法に合わせてカスタマイズできます。
詳細はこちら